サプライチェーンレジリエンス | 1 min read

サプライチェーンのレジリエンスの準備方法-5 つのヒント

how to be prepared with supply chain resilience 5 tips
Jin Hyun

By Jin Hyun

サプライチェーンのレジリエンスは、企業の業務の中断を防ぐための最初の防衛ラインです。供給ネットワークで回復力を生み出すための5つのヒントを学びます。

サプライチェーンの耐障害性は、単なる効率的なサプライチェーンネットワーク以上のことを指すビジネス成功の重要な要素です。また、予測不可能な供給問題から迅速かつ効率的に回復しながら、予測される脅威や中断を回避するビジネスの能力も指します。

サプライチェーンの 中断が少なくとも年に1回は企業の 75% に当たるため、回復力を開発することは、自然災害や市場などの脅威によるコストのかかる影響を回避することを意味します。課題, 上流供給リスク, 貨物の損傷, および盗難.

サプライチェーンのレジリエンスの

the ins and outs of supply chain resilience 1594956067 2189

内外の脅威は、瞬間に通知され、ビジネス全体で反響するマイナスの結果をもたらす可能性があります。真に弾力性のあるサプライチェーンモデルを作成することは、破壊的なイベントを阻止し、市場の課題、自然災害、さらには世界的なパンデミックによって企業の日々の業務が危険にさらされないようにするために不可欠です。

サプライチェーンの耐障害性は、最終的には、レジスタンスと回復という2つの重要な側面に分けることができます。これら 2 つの面のうちの 1 つは、脅威や中断の影響を防止または低減することに関して、サプライチェーンの効率性を探求します。サプライチェーンの回復力の後者の側面は、サプライチェーンの迅速に対応し、潜在的な脅威や混乱から回復する能力をカバーしています。

  • レジスタンス容量- サプライチェーンロジスティクスでは、レジスタンス容量は、サプライチェーンへの脅迫的な影響や混乱を最小限に抑えるか、または回避する能力以上の機能をカプセル化します。これには、中断の時間や影響を大幅に削減することで、状況を効果的に阻止するビジネス能力も含まれます。
  • リカバリキャパシティ- 災害や中断が発生した場合、サプライチェーンのリカバリキャパシティは、安定化フェーズの後に完全な機能に戻る能力を指します。

サプライチェーンのレジリエンスの創出方法

how to create supply chain resilience 1594956067 7342

効果的なサプライチェーンのレジリエンスは、リスク管理の効果的な活用と手をつないでいます。原材料から完成品まで、サプライチェーンの弱点を強化することで、企業は弾力性を高め、サプライヤーとの関係を改善し、迅速に跳ね返ることができる柔軟なシステムを構築できます。サ@@

プライチェーンで柔軟性と回復力を高める方法については、以下の 5 つのステップをご覧ください。

1.サプライヤのリスクを監視

サプライチェーンに対するリスクは多様で多数ありますが、リスク評価の最初のステップはサプライヤから始めることができます。サプライヤが中断する可能性を理解し、それらのリスクを軽減するための是正措置を講じることは、成功の鍵となります。

サプライヤのネットワークを拡大することで、壊滅的な混乱の可能性が低減されます。同様に、成熟した信頼できるサプライヤーと協力することで、潜在的な脅威をさらに最小限に抑えることができます。最後に、独自のリスク管理戦略を策定し、その戦略に遅れを取っているベンダーを選択することをお勧めします。

2.明確でオープンなコミュニケーションスタイルを実装 する

すべてのサプライヤーとの良好な関係は非常に重要であり、これは簡潔で直接的で正直なコミュニケーションから来ています。サプライヤ関係の最初から一貫性のある期待を実装することで、より正直な対話をすることができます。つまり、問題が発生したときにサプライヤが先行する可能性が高くなります。

オープンな対話は、サプライヤーとの信頼と尊敬の構築に最優先です。強硬で強硬な状態に入ると、憤りや防御力が生じ、さらに下方で隠蔽されたり、未公開になるリスクにつながる可能性があります。したがって、最初から関係のトーンを設定し、信頼、明確な期待、誠実さの基盤を構築することは、買い手次第です。

3.全体像と常に先を見据える

サプライチェーンを構築する際には、長期的な視野を必ず実装し、サプライヤの透明性を積極的に追求してください。特に、潜在的な脅威に関しては、サプライヤの透明性を追求してください。

サプライヤー入札の提出プロセスでは、品質を犠牲にすることなく、長期的にうまくいく明快さ、誠実さ、取引の種類を評価します。最後に、良い評判、誠実さと信頼性の歴史、そして最終的にはビジネスが必要とする専門知識を持つサプライヤーに有利なことは賢明です。

4.リスク管理の宿題

彼らの塩の価値の良いサプライヤーは、自分のリスクに精通し、所定の位置に管理戦略を持っている必要があります。しかし、効果的なサプライチェーンのレジリエンスの構築に熱心な責任あるバイヤーは、数字を粉砕し、自ら分析を行います。

サプライヤのリサーチに時間を費やすことは、特に彼らがもたらすリスクに関して、毎分価値がある。さらに、潜在的なサプライヤにリスク戦略とリスク認識について難しい質問をすると、サプライヤが弱点をどのように捉え、それを軽減するためにどのような計画を立てているかについて、バイヤーに貴重な洞察を得ることができます。

5.絶え間なく進化するサプライチェーンの

危機、脅威、混乱をサプライチェーンに沿って生み出すことは避けられません。しかし、ほとんどの企業は毎年少なくとも1回のサプライチェーンの中断を経験しますが、こうした挫折をベンダーとの関係について学び、改善する機会として使用することで、企業のリカバリ能力とプロトコルが強化されます。

中断が発生するたびに、時間を取って、何が起こったのか、なぜ、どのように防止できたのか、問題を解決するためにどのような戦略が使用されたのか、うまく機能しなかったのかを明確に文書化します。