サプライチェーンモデルあなたの業界と市場を補完する適切なサプライチェーンモデル | 1 min read

最も人気のあるサプライチェーンモデルは何ですか?

what are the most popular supply chain models
ジン・

By ジン・

業界と市場を補完するために適切なサプライチェーンモデルを利用することは、サプライチェーンのエラーを低減しながら、全体的な効率を向上させるのに役立てられます。

驚異的な57%の企業が、効率的な サプライチェーン管理戦略 によって競争優位性を獲得していますが、69%の企業がサプライチェーンネットワーク。

さらに広範な調査により、サプライチェーンの混乱が財政、物流、評判の面で大きな損失を引き起こす可能性があることがさらに明らかになりました。これにより、サプライチェーンの最適化と在庫管理がどれほど重要であるかを明確に把握できます。

サプライチェーン構造の基礎その本質

the fundamentals of supply chain structure 1594954321 9747

では、サプライチェーンは、製品または商品が製造段階から市場に移動するのを助けるプロセスに沸きます。イベントのそのシーケンスを構成するプロセスに関与する人、機器、輸送、および技術のこの要因。「

チェーン」という言葉は、今日のペースが速く、技術が注ぎ込まれているグローバルサプライエコノミーにおいて、原材料からサプライヤー、製造業者、そして消費者に至る直線を意味する場合がありますが、サプライチェーンは、製造業者を中心とする複雑なウェブに似ています。

これらのウェブはサプライチェーン・モデリングと呼ばれ、企業固有のサプライチェーン要件に応じて、変化、変動、および変化する可能性があります。サプライチェーンモデルの中には、頻繁な変化に対する柔軟性と適応性を必要とするものもあれば、特に激しい競争の激しい市場や業界において、卓越したレベルの効率性を必要とするものもあります。どのような@@

形態であっても、サプライチェーンモデリングは、企業がサプライチェーンを正しく決定し、サプライチェーンに注文をもたらすためのベストプラクティスを採用し、それが運用目標と確実に一致するように支援するために使用されます。これらの目標は、タイムリーな配信から、脅威や中断に対処する能力まで多岐にわたります。

サプライ・チェーン・モデリングのメリット

サプライ・チェーン・モデリングにより、企業は可能な限り最も効果的な手段でサプライ・ラインを管理し、効果的な問題解決やチェーンのすべての側面にわたる可視性の向上など、豊富なメリットを提供できます。

サプライチェーンの計画とモデリングの主なメリットとして、次のようなものがあります。「

  • 予期せぬ予想」- シミュレーション・モデルを取り入れたサプライ・チェーン・モデリングは、企業が混乱を予測し、効果的に準備するのに役立ちます。
  • より優れた在庫管理- すべての在庫ニーズと潜在的な問題との信頼性と完全に同期しているサプライチェーン戦略は、在庫フローをより詳細に制御することを意味します。
  • 効率の向上とコストの削減- すべての段階で透明なサプライチェーンコストを含むモデルにより、企業はコストを主要な指標と比較するだけでなく、必要に応じて継続的な調整を行うことができます。
  • サプライチェーンロジスティクスの精度向上- 優れたサプライモデルは、物流、サービス範囲、時間、設備などのハードデータを重ね、見積もりの必要性を減らし、意思決定プロセスを強化します。

最も一般的なサプライチェーンモデル

most common supply chain models 1594954321 8909

サプライチェーンモデルは、効率性と応答性の2つの主要なカテゴリに分けることができます。

効率的なモデルは、サプライチェーン全体の効率を最大化し、すべての資産を低コストで活用することを目的とした、競争の激しい業界やスケジュールベースの市場で最もうまく機能する傾向があります。一方、レスポンシブなサプライチェーンモデルは、不確実性の高い業界や市場や仲介コストが最優先の場合に主に使用されます。

次の3つのサプライチェーンモデルは、効率カテゴリに分類されます

。1.効率的なサプライチェーンモデル
原材料生産から消費者への最終製品の配送まで、高水準の効率に焦点を当てたこのモデルは、生産率がスケジュールされているだけでなく、予測販売と同期しているコモディティ化事業でうまく機能します。

このモデルは、鉄鋼業界など、競争が主に価格に基づいている業界や、市場競争が激化している業界をさらに補完します。コストの削減と効率の維持のための正確な予測と機械の使用は、このモデルの成功の鍵です。

2.ファ

スト・サプライ・チェーン・モデル衣料品や家具など、変化の激しい業界 では、ファスト・サプライ・チェーン・モデルは、時間を商品として扱うシステムを利用できるようにすることを強くお勧めします。アイデアから市場までの時間を短縮し、高精度の予測を取り入れることで、ファスト・サプライ・チェーン・モデルは、変化するファッションやトレンドに基づいて、ライフサイクルを短縮した製品を効率的に提供し、市場の仲介コストを削減できるようにします。また、エンドツーエンドの効率を向上させ、コストを削減します。

3.
需要の高い安定性を必要とする成熟産業における連続フローモデル企業は、連続フローモデルを採用することが多いので、連続フローモデルを採用しています。顧客の需要プロファイルの動きがほとんどない業界も、この形式の恩恵を受けています。


次の 3 つのサプライチェーンモデルは、応答性カテゴリに分類


されます。4.アジャイルサプライチェーンモデル

予測不可能な需要を持つ業界で事業を展開する企業 の場合、アジャイルサプライチェーンモデルは、受注製造のデカップリングポイントに基づいているため、有益です。これは、本質的に、顧客が注文された後に製品が作られることを意味します。このシステムは、マネージャーがこれらの在庫レベルに厳しい手柄を保つことができるように、小さなバッチで扱う企業にもうまく機能します。

5.カスタム構成
モデルこのモデルは、自動車会社などの製品構成が定期的に要求される業界で非常に効果的です。このモデルは、連続フローモデルとアジャイルモデルの両方の要素を組み合わせながら、資産と総コストの間に強い相関関係を取り入れています。

6.

高いピークシーズンに影響されるフレキシブルサプライチェーンモデル 産業は、フレキシブルサプライチェーンモデルで最も効果的になります。この柔軟性と適応性の高いシステムにより、管理職は生産プロセスを迅速に再構成し、最後の分と特定の顧客を満たすことができるため、要件。このシステムでは、高速応答と並んで、柔軟性が重要です。