レストラン在庫 | 1 min read

最大効率

5 restaurant inventory management tips for maximum efficiency
ジンヒョン

By ジンヒョン

ビジネスのための5レストラン在庫管理のヒントは、最適なレストランの在庫管理で腐敗や過剰在庫を避けることができます。学ぶ 5 レストランはこれらの損失を防ぐために使用できるベストプラクティス.

飲食業界では、浪費は深刻な問題であり、企業に壊滅的な影響を及ぼす可能性があります。一部の飲食店では、食品在庫の最大 10% がプレートに到達する前に無駄になっているため、このような利益損失に対処するには、愚かなレストラン在庫管理を実施することが不可欠です。

レストランの在庫管理は、本質的に、腐敗を避けるために、レストラン内のすべての製品の追跡、整理、および注文を合計します。特に生鮮食品の場合。これは、各成分のさまざまな貯蔵ニーズを考慮し、有効期限を追跡し、レストランが損失を最小限に抑え、使用量を最大化し、貨物の上に留まることで、ホイールがスムーズに稼働していることを確認できます。

5 トップレストラン在庫管理テクニックレストランのニッチや固有の状況

5 top restaurant inventory management techniques 1593200152 6127

に応じて、在庫管理テクニックは異なります。しかし、管理は、その在庫手順を最適化し、回避可能な費用を削減するために念頭に置いておくべき5の一般的な技術があります。

1.
在庫監視レストランが既存の商品を整理し、統合していないときに新しい在庫を注文することは食品業界内の災害のレシピになることができます。すべての在庫レベルと有効期限を細心の注意を払って追跡する明確な在庫管理手順により、過剰注文を防ぎ、無駄を最小限に抑えることができます。

POSシステムと統合できる高度な在庫管理ソフトウェアを使用することで、企業は1日を通してすべての入庫および出庫在庫を簡単かつ永続的にカウントできます。これにより、在庫の使用状況に関する可視性が向上し、事業が特定の商品を下回っているか過剰に在庫しているかが明らかになります。

レストラン業界では、物理的な在庫と記録された在庫のわずかな差異が予想されますが、これらの数値を追跡し、矛盾を可能な限り制限することが重要です。一般的に言えば、許容される分散率は2-5%です。このレベルを超えるものは、過度の腐敗や盗難の兆候である可能性があります。

2.原材料の効率的な使用生
鮮品に対する厳しい管理から季節の農産物の利用まで、効率を高めるための在庫のヒントが沢山あります。たとえば、原材料に関しては、特に生鮮品の場合、最低限の在庫レベルで運用するのが賢明です。これにより、保有コストや購入コストなどの在庫関連の経費を削減しながら、腐敗を最小限に抑えることができます。

また、先入れ先出し(FIFO)ベースで農産物を確実に利用するシステムを作成することもお勧めします。FIFO方式は、古い株式を最初に使い切ることを保証し、利益を最大化するために無駄を削減する手段です。

3.レシピ管理と価格設定
に応じて、各料理および価格設定メニュー項目を生成するのにどれくらいの費用がかかっているかを把握することは、在庫管理の最適化の重要な部分です。食費を制限するために、企業はレシピを標準化して、残りの在庫の持続時間を正確に判断できるようにする必要があります。

覚えておくべき良いヒントは、健全な利益率を確保するために、販売価格の約30%に食料費を維持することです。

4.貯蔵寿命管理
米や缶詰は何年も棚に座ることができますが、野菜、肉、乳製品を常に監視し、無駄や食中毒を防ぐために細心の注意を払って管理する必要があります。

良好な在庫管理計画では、各品目の保存期間を、保存できる期間と条件の詳細とともに指定する必要があります。腐敗の場合、企業は直ちに品目を廃棄し、必要な在庫を並べ替えるために自動在庫補充システムに切り替えることができます。

5.レポートと
分析正確な予測と予算編成には、販売レポートと原材料使用量を通じて在庫を定期的に分析することが不可欠です。

売上データを使用して、企業は在庫の傾向を特定し、在庫補充やメニューの最適化に関する情報に基づいた意思決定を支援できます。この情報により、どのアイテムが最も人気があり、どのアイテムが段階的に廃止されるかがわかります。さらに、在庫管理および並べ替えソフトウェアによる定期的な在庫報告は、在庫不足を防ぐために利用可能な供給のリストを正確に追跡することができます。

ソフトウェアを注文してプロセスを合理化最適な在庫注文

streamlining processes with ordering software 1593200152 2989

なしでも、最高の飲食店が突然重要な成分を使い果たしたり、腐敗した商品のバッチに直面したりして、予期せずメニューからアイテムを取るように強制することがあります。

注文プロセスを合理化することで、最適な数量を確実に納めることで、レストランがその可能性を最大限に引き出すことができます。これは、 発注書 フォームに関して可能な限り最良のプロセスを理解し、実装することを意味します。

ビジネスが最適な発注数量と再発注ポイントを決定したら、発注書フォームに入力して補充プロセスを開始できます。これらの文書は、食品の在庫、飲料、ナプキンや調理器具などのその他の必要なアイテムなど、ベンダーからの供給の配置と受け取りに使用されます。

企業は、手動でこのステップを実行することもできます。このステップでは、在庫レベルを定期的に追跡し、在庫が減少したときに手動で注文を行う必要があります。しかし、多くの近代的なレストラン企業は、組み込みの発注システムを備えた在庫注文ソフトウェアでこのステップを自動化することを選択しています。

このソフトウェアは、在庫レベルを永続的に追跡し、システムが在庫不足を認識したときに主要なベンダーに発注書フォームを自動的に送信することができます。テクノロジーを使用して在庫管理と補充プロセスを合理化することで、企業はレストランの最適な在庫レベルの維持に費やす時間を解放することで、顧客満足度を確保するなど、レストランの運営の他の重要な分野に集中することができます。