在庫注文を過剰在庫 | 1 min read

在庫注文管理と在庫管理:在庫注文管理は、在庫過剰

inventory order management and stock control what to know
ジンヒョン

By ジンヒョン

からピークシーズンまで知っておくべきこと。在庫注文管理は、バランスの取れた行為になります。真のビジネス効率を生み出す方法をご覧ください。

ビジネスの密室の背後にある在庫管理は、車輪を回し続けるものです。この非常に重要なシステムは、在庫数量が会社の倉庫や保管スペースで追跡されるサプライチェーンの重要なステップを要約します。

この管理システムの目的は、常に在庫の場所と数量を追跡し、在庫の失い、過剰ストッキング、さらには誤った出荷のリスクを低減することです。正確な在庫レベルレポートにより、企業は効果的な在庫レベルを維持するために補充されていることを確認できます。

優れた在庫管理と注文手順を実装することで、企業は利益を最大化し、無駄を最小限に抑え、生産性、売上、消費者ロイヤルティの向上などの豊富なメリットを享受できます。

このような最適な在庫並べ替えの細かなラインを維持することは、特にピークシーズン中は、企業にとって大きな課題となります。ただし、推奨される在庫管理と注文頻度に関する次のガイドラインは、多くのビジネスオーナーにとって最適な場所です。

在庫管理手順

stock control procedures 1593213251 7030

オーバーストッキングと在庫不足は、独自の長所と短所が付属しています.だから、会社は常にどのくらいの株式を手に保つべきですか?ビジネスの規模や製品の規模から、利用可能な保管スペースやリードタイムまで、すべてが、企業の在庫管理手順に影響を及ぼす可能性があります。

大量の在庫を定期的に移動させる企業にとって、高レベルの在庫を保管することは信頼できる方法ですが、製品の需要が定期的に変動する業界では、まず倉庫を最大容量に積み込む前にその影響を考慮することが賢明です。

低コストで倉庫管理スペースを利用できる企業や、再注文、過剰ストッキング、大量注文に長い時間を要する製品を販売している企業にとっては、必須製品が不足することはありません。また、一括購入は多くの場合、安価であるため、この方法は購入コストを削減することができます。しかし、在庫が増えると保管コストや保険コストが高くなることを覚えておくことが重要です。これまで消費者に到達する前に、在庫が時代遅れになったり、台無しになったりするリスクもあります。

一方、必要な最小数量を注文することは、新製品が頻繁に開発される急速に変化する企業にとって、より効率的で柔軟な方法になる可能性があります。この方法により、企業は必要なものだけを必要なときに備え、ストレージ・コストを削減し、腐敗のリスクを軽減します。しかし、在庫不足は、在庫切れのリスクが高まり、サプライヤーの効率に過度に依存しているなど、独自のデメリットを持っています。

単に過剰在庫や在庫不足の戦略だけでなく、企業は消費者のニーズを満たす円滑な注文システムを構築するために、多数の在庫管理方法をさらに活用することができます。在庫管理のためのいくつかのヒントは次のとおりです。

  • 定期的な在庫レビュー- 在庫レベルの効率と正確性を確保するために、頻繁かつ定期的な在庫レビューを実施する必要があります。これらのレビューが作成され、確認された後、各アイテムが所定の最適なレベルに戻されることを確認するために在庫を注文することができます。
  • ジャストインタイムインベントリ- 空の格付けで実行古いものと同様に、この管理技術は、インスタント再販や使用のために必要な場合にのみ配信されている在庫に依存しています。この戦略は、サプライヤーが迅速かつ最小限の通知で注文を満たすことができる場合にのみ有効です。
  • 経済注文数量の決定- ほとんどの企業は、少なすぎる在庫と多すぎる在庫のバランスを見つけることで利益を得られます。在庫管理と注文ソフトウェアにより、企業はこれらの最適なレベルで在庫を維持できます。
  • 先入先出し- このシステムは、最も一般的に生鮮食品に使用されます。これは、それが受信された日付によって製品を識別し、生産の厳格な順序を介してそれを移動することを含みます。名前が示すように、最初に受け取った商品が優先され、最初に販売または使用されます。
在庫管理システムを合理化するプロセスでこれらの技術の1つ以上を実装することで、シームレスな在庫管理システムを確保できます。

最適な注文頻度の決定方法中小企業の注文頻度の決定には一定の推測量が使用

how to determine an optimal ordering frequency 1593213251 1542

されますが、在庫管理の重要な側面を釘付けにする秘訣は、正確なレポート作成にあります。

結局のところ、情報は力であり、企業が在庫注文の履行頻度を把握するのに最適な情報は、独自の過去の販売レポートから得られます。これらのデータセットは、過去のピークシーズンや、最も売れたアイテムや最も売れたアイテムを示すことができます。

これらの販売レポートと株式レポートでは、チャネルに分解すると、どのアイテムが販売されたか、いつ製品需要の明瞭さを企業に伝えることができるかに関する貴重なデータが提供されます。
ピークシーズンに備える際、企業は需要の増加に備えるために特別な予防措置を講じる必要があります。

  • 定期的なサイクルカウントを実施することで、記録された在庫レベルが実際の在庫と一致していることを確認できます。
  • eコマースビジネスまたはオンラインストアでは、すべての出荷用品を在庫し、十分な在庫があり、すぐに使用できる状態であることを確認します。
  • 一時的な季節労働者を雇用して、足交通量の増加を考慮することを検討
  • する
  • 過去の販売レポートを参照して、需要に追いつくために十分な量の在庫が注文されていることを確認
する在庫管理および補充、それはすべての技術に降りてくる。企業は、在庫管理とクラウドベースのPOSシステムと統合できる在庫並べ替えソフトウェアを利用して、最適な数量を維持し、最適な再注文ポイントを決定できます。

在庫の注文管理ソフトウェアは、在庫レベルが枯渇すると自動的にユーザーに通知し、 発注 書をサプライヤーに自動的に送信するようにプログラムできます。。POSデータの助けを借りて、自動注文手順では、過去の販売平均を考慮して、年間を通じて異なる最適なレベルを維持することもできます。