サイクルタイム対.リードタイムサイクル時間、リード時間、タクト時間の | 1 min read

在庫管理におけるサイクルタイム対リード・タイムの計算方法企業が消費者の需要を満たし、運用効率を改善し、顧客満足度を高めるためには、サイクル、リード、タクトタイムの

how to calculate cycle time vs lead time in inventory management
Ch

By Ch

決定が不可欠です。

企業は、顧客が注文すると、購入者が見ていないいくつかの操作が生産で起こっていることを理解しています。顧客は主に納期を気にしますが、企業はサイクルタイム、リードタイム、タクトタイムでジャグリングしています。

生産率、出荷時間、需要率を追跡することで、経営陣は会社の効率を最適化するために改善が必要なプロセスを判断できます。

各フルフィルメント段階で費やされた時間を追跡することで、企業は顧客満足度を確保し、 最適な注文数量を 判断できます。この記事では、これらの時間を追跡することの重要性と、各期間の計算方法について説明します。

タクトタイムの計算方法

how to calculate takt time 1593019957 8740

タクトタイムとは、企業が顧客の需要を満たすために維持する必要がある生産率を指します。たとえば、工場が一貫して3時間ごとに新しい注文を受けた場合、需要を満たすためには、3時間以内に生産を完了する必要があります。この指標を需要率で裏付けることで、企業は過剰生産を排除し、資本と時間を節約できます。

タクトタイムの計算も役立ちます。

  • 納期を正確に見積
  • もる
  • 生産の一貫性の維持
  • 効率の向上
  • 残業時間の最小
  • エラーの削減と品質の向上
  • 達成可能な時間目標の設定
このメトリックを決定すると、生産におけるしゃっくり、低品質、過労の従業員、消費者の需要を満たすことができない。

タクトタイム式は単純です。

タクトタイム=合計使用可能生産時間/平均顧客需要

生産時間値を入力 する場合、製品の製造専用の期間のみ。保守またはシフトに費やされる休憩または時間は除きます。変更が含まれている必要があります。

正確な結果を得るには、使用する時間も比較的短くする必要があります。日数または週数を求めることは、年間の生産時間を計算するよりも信頼性が高くなります。顧客の需要頻度は、製造時間の値を決定するために使用される時間範囲と一致する必要があります。

たとえば、ある企業が、通常の 8 時間、5 日間、1 時間の昼食で作業する場合、利用可能な生産時間は週あたり 35 時間 (2,100 分) です。たとえば、1日に9回の注文を連続して受け取り、週間で45回の注文が発生するとします。同社のタクト時間は47分です。つまり、生産は顧客の需要を満たすために47分以下で各注文を完了する必要があります。

タクト時間:47分=週2,100分/週45回の注文
タクト時間を測定することは複雑ではありませんが、生産が遅延する前に注文を履行する必要がある時間を決定することが重要です。タクト値が実現不可能な場合、プロセス能力を確保するために実装する必要があるものを決定するのは経営陣の責任です。

サイクルタイムの

計算方法 takt と同様に、サイクルタイムは、需要率に焦点を当てるのではなく、1 単位を最初から最後まで生産するのにかかる時間を測定します。生産時間を追跡し、生産台数と比較することで、企業は 1 つの製品サイクルを完了するのにかかる時間を把握できます。

サイクルタイム式は、単純な区分です。

サイクルタイム = 合計使用可能生産時間/生産単位数
たとえば、週に 35 時間勤務し、その期間に 7 つの品目を生産する会社のサイクルタイムは 5 時間です。

サイクルタイム:5時間= 週35時間/ 週7回の注文

ビジネスの目標は、利益率を高めるために商品の品質を犠牲にすることなく、できるだけサイクルタイムを短縮することです。サイクルタイムを最小化できる企業には、次のようなメリットがあります。

  • 生産オペレーションの革新と発売日の早い時期への対応
  • メーカーとディストリビューターの強力な関係の作成
  • 生産性の向上と生産量の増加
  • 顧客増加
  • 人件費と原材料在庫の削減による満足度高確率

リード・タイムの計算方法

リード・タイムは、企業が生産から最終搬送までの注文を履行するのにかかる時間です。これらの指標では、生産などの内部要因と、出荷などの外部要因が影響しているため、管理が難しくなります。
サイクルタイムとリードタイムはしばしば混同されますが、重要な違いがあります。

サイクルタイム-

  • 内部生産プロセスです。
  • ユニットが生産された時点で開始および終了する(完了率)。
  • 生産対策を革新することで削減できます。
  • ビジネス管理のみが使用できます。

リードタイム-

  • 外部業務を伴います。
  • 顧客が注文を発注してから開始し、受け取った時点で終了します(到着率)。
  • サードパーティの配信などの外部操作はビジネスの管理外であるため、内部操作を変更することでわずかに削減できます。
  • ビジネスと消費者の両方で利用可能です。
リード・タイムの計算には式が必要ではなく、注文が消費者が受領した時点までの時間を追跡する必要があります。顧客が月曜日にギフトを注文し、水曜日に受け取ると、その品目の製造事業のリードタイムは2日間になります。

企業は、在庫補充ソフトウェアがトランザクションと出荷を追跡し、製品の注文と配送時刻を正確にレポートできるため、より具体的なリードタイムを記録できます。
繰り返しますが、業務効率を維持しながら、リードタイムをできるだけ短縮し、顧客満足度とロイヤルティを向上させることを目標としています。リードタイムが長くなればなるほど、より多くの在庫が店内に蓄積され、組織が崩壊します。リードタイムの延長の一般的な原因は次のとおりです。

  • 在庫
  • 出荷出荷の遅延
  • 在庫注文の遅延
  • 過剰な処理
  • 在庫管理不

企業がタクト、サイクル、リードタイムを制限する方法を決定すると、改善によって収益を増やすことができます。顧客保持、在庫廃棄物の削減、内部業務の効率化を実現しています。